Skip navigation

久しぶりのミニチュア作業です。

コーナーハウスを作っていてずっと後回しにしてきた課題にぶつかりまして、

新しい事に挑戦することにしました。

レジンと旋盤を使った造形方法です。

雑貨を作る中で、やはりガラスのような透明感のある素材が欲しく、

でもレジンでガラスの食器などをつくるにはまず、型をしっかり作る必要があります。

そのためにはやはり旋盤をやらなくてはなりません。

なかなかそこに踏み出せずにいたのですが、

5月までに花屋と雑貨屋のハウスを作るという目標もありますので

やるなら今!ということではじめてみました。

2015.1.28.2

作業机の上にも置ける小さな卓上旋盤ですが、

ミニチュアを作るなら十分そうです。

まず旋盤についてきた付属の刃でやってみたのですが、

器の内側を削るのには刃が大きすぎることがわかりました。

ミニチュア用の刃をネットで探して注文したので、届くまではとりあえず普通の刃で練習です。

アクリルは削ったあと、どうやったらクリアな仕上がりになるのかも色々試してみなければいけませんね。

どのくらいの薄さまで削れるのかも・・・。

調べてみてもなかなかアクリル棒の旋盤については書かれている記事がないので、

とにかくやってみるしかなさそうです。

 

とりあえず削ってみた第1号がこちら。

2015.1.28.1

アクリル棒では馬上盃をイメージして作ったのですが、

やはり内側が上手く削れていません。

厚みもまだまだありますね。

きれいなクリアに仕上げたいですね。

2015.1.28.3

 

木ではお椀をイメージしたのですが、

やはりこれも内側がまだまだです。

練習あるのみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − 8 =